読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

複利馬券で儲かる競馬分析

毎年馬券で負けている人にオススメの複利馬券。投資金額と購入する馬券を固定して、無駄な馬券を買わないことで安定感をアップしていきます。

短縮ショッカーに逆ショッカー、延長ライダー、同距離ボンバー

Mの法則 短縮ショッカー 逆ショッカー

「Mの法則」やら「短縮ショッカー」などの書籍を読んで、出走表から大まかな「短縮ショッカー」「同距離ボンバー」「延長ライダー」を算出してみました。

短縮の中では、さらに S1 と S2、そしてその両方を兼ね備える LS も判別して、先日の「競馬最強の法則」の雑誌に掲載されていた「逆ショッカー」まで導き出すと、もうどれを狙っていいのかわからなくなります。

例えば、こんな出走表が出来上がります。

f:id:kumanotsubuyaki:20170223234731j:plain

リズムについて

背景色がグレーな馬は、どれにも属さなかった馬と、属しているけどリズムの悪い馬。ここ 3 走の合計着順によって、この辺は書籍の中で判別されていましたので、それを再現してみました。

こうやってみると、レースによっては該当馬がわかるので、その馬が今走において適しているか細かく調べていけば、狙い馬として確立できると言う訳です。

ただ、やみくもに該当した馬だけを買ってもダメだということは、嫌というほどわかりましたが、まだ短縮の優位性ってあまり実感できていないのが本音です。

実際、前走と同距離の馬の方が成績はいいですし、距離延長よりは魅力はあるのですけどね・・・。

短縮馬の成績

施行距離や各馬の脚質によっても違うので一概には言えませんが、大雑把に傾向を見てみます。

レース数は少ないですが、まずは 2017 年の成績で見てみましょう。う~ん、単純にみると同距離馬の成績の方がよく見えます。

◆前走距離別集計
  集計期間:2017. 1. 5 ~ 2017. 2.19
--------------------------------------------------------------------------
前走距離      着別度数                  勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 
--------------------------------------------------------------------------
同距離        235- 220- 217-2161/2833    8.3%  16.1%  23.7%     90     79 
今回延長       87-  91-  96-1458/1732    5.0%  10.3%  15.8%     72     57 
今回短縮       99- 111- 109-1319/1638    6.0%  12.8%  19.5%     68     72 
--------------------------------------------------------------------------

これを距離を制限して見てみます。短距離ということで、今走を 1400m 以下にしてみましょう。成績としては同距離に負けますが、回収率は飛躍的に上がりましたね。

◆前走距離別集計
  集計期間:2017. 1. 5 ~ 2017. 2.19
-----------------------------------------------------------------------------------
前走距離      着別度数                  勝率  連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値 
-----------------------------------------------------------------------------------
同距離        100-  84-  95-1005/1284    7.8%  14.3%  21.7%     71     74    81.8  
今回延長       17-  15-  16- 329/ 377    4.5%   8.5%  12.7%     81     59    76.7  
今回短縮       44-  62-  50- 682/ 838    5.3%  12.6%  18.6%     90     82    74.3  
-----------------------------------------------------------------------------------

だからといって、短距離のレースで短縮馬のボックスを買っても簡単に当たるわけではないので、妙味のある短縮馬が見つかったときに軸馬として狙ってみると面白そうです。

Vライン馬

そう言えば、画像にもある通り「Vライン馬」についても算出しているのですが、結局データを集計していないので有効かどうかは未知数です。昨年、どのコースで通用するかの本が発売されていましたが、参考にならなさそうだったので表向きには紹介していませんでした。

ただ、いつまでも同じ理論を貫くことは素晴らしいことですし、もっと話題性があってもいいのになぁ・・・。

紹介した書籍

稼動指数の上位5頭の期待値は高い

アレンジ稼動指数

これまで実績のある重賞レース、そして比較的ローテーション通りに出走する馬の多い特別レース。これらのレースと、平場のレースを比較すると、前者の方が稼動指数の成績は良くなります。

というのも、平場のレースは未勝利戦や 500 万下のレースが大半で、どちらかというと賞金をベースに考えるよりも出走回数の方が主体となってしまいがちです。

なので、重賞ではなくても特別レースなら指数が使える可能性は高く、2017 年の検証対象でもあります。

土曜日は馬連が炸裂

指数上位馬の馬連 BOX 馬券が比較的相性のいい稼動指数ですが、実際に単勝の的中率で言うと、上位 5 頭が、JRA の単勝人気の上位 5 頭と同じような推移をしています。

それでいて、1 位の馬を筆頭に回収率 100% を超える馬が 3 頭います。なぜか指数 2 位の回収率が悪いですが・・・。

さて、重賞以外の特別レースに話を戻します。下記が、2/18(土)の特別レースの対象です。メルマガでは指数の上位 7 頭を配信していて、メルマガのシステム上の買い目は指数上位 5 頭の馬連ボックスとしています。 f:id:kumanotsubuyaki:20170221234806j:plain

馬連 8000 円台のものもありましたし、3 連複にしていたら万馬券が獲れていたものもあります。この日の回収率 800% を達成したレースでは、「レジまぐ」のレース単位のランキングでは 1 位となりました。

もちろん不的中もある

逆に、2/19(日)は安目の馬連が 1 本当たっただけで、残りのレースは外れとなりました。もちろん、的中率や回収率はどこかに収束していくものですが、問題となるのは連敗確率です。

連敗確率は的中率を算出しないと導き出せないので、まずは一定の母数で検証をしてみないといけません。母数がたまったら、的中率を元に算出したいと思います。

ちなみに、2/11(土)からの配信で、馬連ボックスの回収率は 108.4% です。レース的中率は 47.8% と馬連にしては高いですが、ここから人気馬同士の安目の配当を除外すれば、もう少し投資額は抑えられて回収率に貢献できるかもしれません。

今年は雪の影響もあり、これがどこまで正しい動きなのかわからない部分もありますが、特別レースにおいては母数が 100 を超えるところまで見守って、傾向を共有できたらと思います。

稼動指数の馬連と3連複のボックス成績を集計しました

稼動指数

少し時間が取れたこともあり、稼動指数の 2016 年以降の、指数上位 5 頭の「馬連」「3連複」のボックス馬券の集計をしてみました。結果は、馬連の回収率が 109%、3 連複の回収率が 98% です。

f:id:kumanotsubuyaki:20170221231301j:plain

的中率は高いがトリガミもある

馬連の的中率が 43.5% ということで比較的高いですが、5 頭ボックスの場合だとトリガミになることも多々ありました。ですので、そのリスクを回避することで回収率をさらに高めることは可能です。

例えば、馬連と 3 連複の 10 点の中で、最終オッズが 10 倍を下回りそうな配当を購入しない方法です。前日に購入するとわかりにくいですが、購入時に 10 倍程度であれば外してしまうのもアリだと思います。そうやって買い目を削ることで 10 点買いが 8 点買いなどになり投資額が抑えられます。

配当一覧は後日掲載したいと思いますが、馬連でも万馬券は出ていますし、5000 円を超える配当も多数あります。3 連複は的中率は 25% と劣るものの、万馬券で回収率を補っている感じです。こちらも、買い目を削ることで回収率 100% を超えることが可能です。

連敗確率を考えると馬連がオススメ

5 頭ボックスということで、さすがに 3 連複を毎回当てるとなると都合が良すぎますが、連敗が嫌な方は避けた方がいいと思います。的中率が 25% なので、「連敗確率」で計算すると、8 連敗する確率が 10% もあります。

後日、的中一覧と合わせて、外れたレースも掲載して連敗の推移もわかるようにしたいと思います。これまで、指数 1 位の馬にスポットを当ててきましたが、このように分析の幅を広げてみると美味しい馬券やゾーンも見つけやすいかもしれません。重賞以外の特別レース(1000万下より上のクラス)でも、この馬連 5 頭ボックスであれば比較的好成績になるような気もしています。

詳しくはページ下部に記載のメルマガでどうぞ。

稼動指数の重賞レース以外の成績を再検証

稼動指数

土曜日の小倉競馬が中止となり、明日に代替となりました。この土日においては、重賞レース以外の特別レースについてメルマガで提供しました。結果は土曜日が的中率 75%、日曜日が的中率 83% でした。

指数上位 7 頭を好きに馬券に使ってもらうようなイメージで提供しているこのメルマガですが、参考に、もし指数上位 5 位までをワイドボックスで購入したらどうなるかシミュレーションしています。

f:id:kumanotsubuyaki:20170221231144j:plain

的中率がついてくるなら他の馬券種に

土日とも、的中という意味では好調でしたが、回収率を考えていくと発展系が必要かもしれません。

トリガミを嫌う場合(大半の人はそうでしょうが)は、ボックスではなく軸から流すかフォーメーションにする。ボックスでもいい場合は、馬連や 3 連複など的中率を捨てて高配当を待つ感じでしょうか。

指数上位からの 3 - 3 - 7 のフォーメーションが 13 点となり、比較的買いやすいかなと考えてみたのですが、入力が大変だったのでメルマガ上では日曜日は試していません。土曜日は的中率 25% でした。

月曜日の小倉は果たして

月曜日の小倉は 11R と 12R に特別レースがあり、10R は 3 歳戦なので対象外です。メルマガの結果がどうなるか、最適な買い目は何になるのか、次週に繋げていきたいと思います。

【初月無料】短縮馬で狙い撃ち - 競馬で家建てますかな・完全版

広告

土日の朝から昼にかけて、それぞれ 3 レース程度の予想が配信されます。早い時間帯で、午前中の未勝利戦が選択される場合もありますが、メイン前後の特別レースの予想が多いイメージです。

また、その週の重賞の事前見解、予想回顧、先週の主なオープン特別の回顧、全レースからピックアップした次走注目馬などが配信される場合もあり、週末の予想以外はさておき、週半ばから競馬モードに入れます。

著者からの予想の配信以外に、継続特典で馬券に強くなれる情報が配信されるので、その特典をもらうだけでも馬券力が上がりそうです。

メルマガの内容

土日とも勝負レースが複数配信され、重賞レースは必ず配信されます。5 レース辺りの未勝利戦の予想が配信されることもあるので、メールやサイトは定期的にチェックしておくことをお勧めします。

馬券対象馬は短縮の馬が多く、推奨馬券は様々です。ただ、推奨馬券の購入パターンも細かく説明が書かれているのでわかりやすいです。人気薄 2 頭の馬連やワイドが 1 点の場合などもあり、そんな馬券をドーンと当ててみたいものです。

人気馬が指定されることもありますが、基本は人気薄の予想を信じて回収率を大きく稼ぎたい人に向いていると思います。また、距離短縮馬や「Mの法則」にあるような理論が好きな人は共感しやすいかもしれません。血統なども含めた予想が楽しめます。

メルマガの直近の成績

距離短縮の馬とは

距離短縮とは、前走から距離が短くなったレースを今回走ることです。競馬予想の手法として人気を集め、一定の条件を満たした距離短縮馬を導き出すために、他にも細かい条件がいくつかあります。基本的には距離短縮の馬だけを買っても、距離延長馬よりも的中率・回収率が良く、同距離馬と同じくらいの成績になるので、そこから条件を絞っていけば儲かる馬が探しやすくなります。